△ TOP

【私たちの想いは、大切な出会いが増えること】

私たちは減少しつつある仲人さんの活動を支援しています。出会いから結婚までと負担の大きかった役割を「結婚を希望する方が婚活を始めるきっかけを作る」というシンプルなものにします。この現代の仲人さんとして活動くださる方を全国で広く募集し、結婚を希望される方の婚活を支援し、人口減少や少子化の対策の一つに繋がるよう取り組んでいます。
この支援は個人の仲人さんに限らず企業、自治体規模での支援も行っています。

身近なご案内デスク(仲人)から始める
結婚相談支援システム【デアエール】の仕組み

安心で気軽に婚活スタート!
一般財団法人 日本結婚相談支援機構では、あなたの身近にご案内デスク(仲人)を数多く配置しています。
ご案内デスクで受け取った『ご案内状』を利用して、入会時の負担を抑え安心して婚活を始められます。
あなたの身近にご案内デスクがあります。
地域の信用ある企業やいつものお店など、信頼のおける方々がご案内デスクとして活動しています。
ご案内デスクで、特別な価格で活動できるご案内状を受け取ってください。
あなたもご案内デスクになりませんか?
ご納得いただけるように
システムのご説明をいたします。
ご案内状は、お近くの事務デスクへお持ちください。
ご入会に必要な書類の作成など法令に基づく事務手続きのすべてを
全国で代行いたします。
デアエール会員としての
活動はここが違います!
日本有数の検索型ネットワークと提携、
会員数は最大級の約65,000人です。
安心できる結婚相談情報ネットワークだけを選び、最大限に活用して婚活をできる環境を整えました。
活動の方法を教えて?

【デアエール】が今、期待されているのはその仕組みです。
会員の方には大きなメリットがあります。

活動する地域に合わせて、効果が期待できる
ネットワークの組み合わせをご提案します。
検索型のネットワークには、地域によって在籍される会員数に違いがあります。デアエールは、最も効果が期待できるネットワークの組み合わせをご提案しています。
会員様は身元のしっかりした方ばかり。
安心のセキュリティ環境も整っています。
インターネットを利用した婚活ネットワークを通じての婚活ですから、不安も付き物だと思います。デアエールに入会されている全ての会員様の身元は確認済であるという点、更に収入や学歴に関しましても、それぞれの確認書類の提出をいただいています。「ネット検索型」といえど不安に思われることはありません。入会時に各種確認書類をご提出いただくことで経歴の詐称などのトラブルを防いでいますのでご安心頂けます。
婚活をする上での不安の一つ「お見合い」。
プロフィール作成やスケジュール調整なども財団スタッフがサポートします。
ネット婚活のメリットの一つは「いつでもどこでも自分のペースで婚活ができる」ということです。でも一人で婚活を続ける事は不安だという方もいらっしゃいます。デアエールの強みは財団スタッフからのサポートが得られるという事です。婚活をする上で大切なプロフィールシートの作成やお見合い日時の調整、お相手様とお会いする際のマナーや会話のコツなど不安に思われることはどんな事でもスタッフにご相談ください。

デアエールの費用

通常の入会費用の設定金額は,60,000円〈税別〉です。
ご案内デスクを通じてご入会される場合は
費用の一部を財団が負担いたします。
ご案内デスクでパンフレットを受け取った方は、
記載された「特別ご紹介入会金額」が、入会金となります。
通常の入会金との差額は財団が支援いたしますので
負担を抑えて婚活をスタートすることができます。
ご案内デスクでは、特別ご紹介入会金額を設定しています。
記載される金額は、ご案内デスクにより異なるのもデアエールの大きな特長です。
企業様がご案内デスクとなって自社の社員向けに利用したい場合、
また、各種自治体単位でご利用いただく場合もあります。
婚活される方々を増やし、ご成婚されることが大切な目的ですから、
主旨にご賛同いただける個人・団体を広く支援しています。

インターネットが広く普及した事で、
ネット検索型の婚活の利用者も大幅に増加しています。

といった利点が多く利用する人が増えています。
いまや婚活サービス(結婚相談所、婚活サイト・アプリ、恋活サイト・アプリ婚活パーティ)は、結婚に向けた有効な手段として定着しています。独身者のサービス利用経験率は過去3年で最も高く18.1%に上ります。その中でも特にネット系婚活サービスの利用が目立ってきています。 婚活サービス利用者で実際に結婚した人の割合は38.1%(2017年)となっており、利用すれば結婚に至る可能性が高く、他の婚活に比べても婚活サービスは成婚率が高いという結果が出ています。
利用者が増えてきたことで婚活サービスでの出会いを他人に伝えることへの抵抗感も徐々に薄れてきているようです。婚活サービスのイメージが変化してきたということでしょう。